デビットカードの作り方講座

持っていると便利なデビットカードの作り方

デビットカードはキャッシュカード

持っているとクレジットカードのようにショッピングやレストランでの飲食の支払いに利用できてとても便利なデビットカードですが、このカードはクレジットカードではなく「買い物にも使えるキャッシュカード」なので、カード1枚だけを作ることはできません。カードを作るためには、銀行口座を持っていることが必要になるため、デビットカードを作りたい人はまず、キャッシュカードとしてデビットカードを発行している銀行を調べることから始めましょう。

欧米諸国では、クレジットカードよりも使い勝手が良くて便利だとして広く普及しているデビットカードですが、日本では電子マネーなど現金を持たなくても小銭の決済がしやすいシステムが完備されているため、デビットカードはなかなか普及していないという現状があります。また、すべての銀行のキャッシュカードがデビットカードになっているというわけではなく、キャッシュカード=デビットカードとなっている銀行はスルガ銀行やジャパンネット銀行などの数行のみに限られています。

デビットカードの選び方

銀行によって、口座を開設して自動的に発行してもらえるキャッシュカードがデビットカードになっている場合もあれば、従来のキャッシュカードとVISAやMASTERのロゴが付いたブランドカードと呼ばれるデビットカードから選べる銀行もあります。選べる場合に注意したいのは、銀行によってはデビットカードだと年会費が発生する場合があるという点です。キャッシュカードの発行はどこでも年会費は永久無料になっている場合が多いのですが、デビットカードの場合には永久無料になっている銀行もあれば、年会費がかかるけれど利用条件を満たすことで無料にできる銀行、初年度だけは無料で2年目からは年会費が発生する銀行など、かかるコストは様々です。

ネット銀行がとても便利

銀行というと、私たちの多くは店舗を構えて地域住民にサービスを行う従来のタイプの銀行をイメージするため、ネット銀行と言われても具体的に想像できない人が多いのではないでしょうか。しかし近年では、楽天銀行やジャパンネット銀行のように店舗を持たないネット型銀行が増えていて、店舗を持たずに人件費や運営費がかからないことで低い金利でお金を借りることができたり、預金でつく利子も多くなったり、利用者にとってはおおきなメリットが期待できます。ネット銀行の場合には、本来店舗に足を運んでおこなうような手続きは全てネットで対応できますし、ATMは全国の銀行やコンビニなどにあるATMが手数料無料で使えたりして、店舗型の銀行に口座を開設するよりもずっと便利で使いやすいことが多くなっています。

銀行側にとっても、すべての手続きをネットで行いATMもコンビニや他の銀行のATMが利用できるネット系のサービスはおおきなメリットがあり、スルガ銀行などではネット支店をいくつも設けて住んでいる地域に関係なく利用者が使いやすい銀行サービスを行っています。デビットカードも、こうしたネット銀行やネット支店では充実したサービスや保障がついていることが多いですし、入出金なども全国あちこちにある金融機関やコンビニのATMを手数料無料で利用できたりすることで、利用者にとってもとても便利になっています。これからデビットカードを作りたい人は、ぜひ銀行選びの際にはこうした点も考慮すると良いでしょう。

作り方は簡単

デビットカードの作り方は簡単です。まず、デビットカードを取り扱っている銀行の普通口座を開設する手続きを行います。銀行によっては、キャッシュカードがそのままデビットカードになっていることがあり、その場合には自動的に発行されて自宅に郵送されてくるキャッシュカードにVISAやMASTERなどのロゴが入っているので、そのままデビットカードとして使うことができます。また、金融機関によっては何種類かのキャッシュカードがあり、その一つにデビットカードが選択肢となっている場合もあります。

法人カード